NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未定なブログ 【沖縄】県、初の国民保護訓練 平和団体が「沖縄戦の教訓に反する」と指摘
県、初の国民保護訓練-平和団体「教訓に反する」と指摘 - 沖縄タイムス

 武力攻撃や大規模テロなどから住民の生命・財産を守る国民保護計画に基づき県は三日、県庁内で図上訓練を実施した。県内での国民保護訓練は初めて。県は今後、国や米軍との連携も視野に、訓練を年一回ほど実施したい考え。しかし、平和団体の関係者は「沖縄戦の教訓に反する」として警戒している。

 うるま市内の大規模集客二施設で同時爆発テロが発生し、死傷者が出たと想定。県やうるま市消防本部、県警察本部、第十一管区海上保安本部、自衛隊などから約七十人が参加し、担当者らは電話で被害状況の情報を収集したり、住民を避難所に誘導したりした。

 国民保護計画では、大規模な事件や事故が発生した場合、国が緊急対処事態と認定して対策本部の設置を指示するなど、通常の対策と手順が異なる。市町村も計画策定が求められているが、県内では十一自治体が策定していない。

 上原昭知事公室長は「緊張感があり効果的な訓練ができた。想定外のことが起こっても対応できるような体制をつくりたい」と述べた。計画未策定の自治体については「計画をつくり、事態に備えることは市町村の義務」として策定を求めた。

 一方、無防備地域宣言・沖縄ネットワークの西岡信之事務局長は「ジュネーブ条約で戦時の軍民分離が定められており、国民保護法自体が国際条約に違反している。沖縄戦の『軍隊は住民を守らない』という教訓にも反する計画が着々と進んでいる」と警戒感をあらわにした。

 同ネットの調べによると、二〇〇八年十月時点で未作成の自治体は全国で二十三市町村。県内四市村を含む七市町村は検討にも着手していない。


この自称平和団体『無防備地域宣言・沖縄ネットワーク』が何を言っているのかさっぱり理解不能です。

国民保護訓練は有事に備え国民の安全を考慮した訓練です。
それにイチャモンをつける自称平和団体、『無防備地域宣言・沖縄ネットワーク』の西岡信之事務局長の主張は、この記事を何度読んでも全く理解不能です。
日本語として成立していません。

『沖縄戦で国は守ってくれなかった』→『それを反省しテロなどが起こった場合に国民の安全を優先させるよう訓練に賛成』ならば解ります。
しかし西岡信之事務局長の主張は、『国は守ってくれなかった』→『訓練反対!』と言う事らしいです。
ここまでぶっ飛びすぎた発言をされると理解しようがありません。
この人物と話し合いをした所で、会話が成立するとは思えません。
ただただ、恐ろしさしか感じません。
というか、沖縄を守る為に戦い死んだたくさんの人達も、『守らなかった』と大前提であるかのように言われていると知ったらさぞや悲しいでしょうね。

そんなに自衛隊が国民の安全を守る事が嫌なのですか?不満ですか?
私は当然ですが積極的に守って欲しいのですが?
テロなどが起こった時、混乱してくれないと困るのですか?
国民の安全が守られるのは許せないのですか?

『反対!』と言いたいのでしょうけど、それならばもう少しまともな屁理屈もありそうなのですが…無理矢理にも程があります。
私でももう少しまともな屁理屈を思いつきますけどねぇ…

というか『沖縄タイムス』さん。
この訳の解らない主張をわざわざ国民保護訓練実施の記事に念入りに絡める必用も理由も私には解りません。
どう考えてもその部分は要らないでしょ?
これではまるでこの団体の電波発言が沖縄に住む人の総意であるかのように誤解され、ひいては沖縄県民が他の県民から誤解されてしまいます。

まあ私にとっては『無防備地域宣言』を謳う団体は『そういう団体』である事が再認識出来た有意義な記事でしたけどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2009/02/09(月) 14:08 | URL[ 編集]
    この西岡とかいう輩を公安は徹底マークすべし

  2. 名前:  #- | 2009/02/09(月) 14:16 | URL[ 編集]
    三段とび論法ですね。
    半島で発達した思考法です。

  3. 名前:名無しさん #- | 2009/02/09(月) 17:06 | URL[ 編集]
    じゃあ、有事のときは絶対自衛隊に助けてもらうなよ。
    個人的にはこういった奴は早急に処分する必要がある。

  4. 名前:名無しさん #s5RVRKAk | 2009/02/09(月) 17:34 | URL[ 編集]
    沖縄在住なんですが、こういうバカが声高に狂った主張をするせいで沖縄も同レベルに見られて辛いです。
    沖縄の2紙(琉球新報、沖縄タイムス)は3月から夕刊廃止です。
    このまま、無くなって欲しい。

  5. 名前:名無しさん #whh3PLXc | 2009/02/09(月) 17:38 | URL[ 編集]
    国には国民の生命と財産を守る義務がある
    そのために訓練も必要

  6. 名前:名無しさん #- | 2009/02/09(月) 23:48 | URL[ 編集]
    米4
    こっちに届くのは、その声高な狂った主張だけだからね。
    こっちのマスコミがまるで沖縄全体の総意であるかのように伝えるし。
    米4負けるな。超ガンガレ!

  7. 名前:名無しさん #- | 2009/02/09(月) 23:52 | URL[ 編集]
    2005年、中国の反日デモで「沖縄を返せ!」って書いたビラを拾ってショックを受けたのは沖縄タイムスの記者じゃなかったっけ? まだこんな記事書いてるの? 中国軍は自衛隊よりもハードな扱いをしてくれると思うが、マゾなの?

  8. 名前:名無しさん #- | 2009/02/19(木) 08:29 | URL[ 編集]
    米4のような人間が今の沖縄には必要。
    しかし将来、本当にやばくなったら迷わず本州に逃げてきてくれ。
    今は世迷言のように言われていることが将来現実になる可能性が高い。
    覚えておいてくれ。

  9. 名前:名無しさん #- | 2009/02/20(金) 09:23 | URL[ 編集]
    自称平和団体が自衛隊を目の敵にし米軍を追い出そうとするのは訳がある
    http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2343.php
    http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/05/post_e816.html
    中国が沖縄を狙っているのは公然の事実
    知らないのはお花畑で現実を見ない日本人のみ
    思想誘導できる教師とマスコミがそっち側だから話にならない
    国家として当然の自衛の為の武装さえ憲法九条教徒に邪魔される
    これでは国民を守る事は不可能だ
    日本人の将来の姿は今のチベット族と同じになるだろう

  10. 名前:名無しさん #iQC47b8Y | 2011/04/13(水) 16:39 | URL[ 編集]
    【社会】 「風船で、米軍機抑えた」 市民団体、普天間の米軍訓練を妨害…市「凧揚げと一緒」、マスコミ「市民の思いが風に揺れた」★3
    http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1302667375/

     【宜野湾】「きょうは約束の日。海兵隊は沖縄から出て行って」―。米軍普天間飛行場の返還合意から15年たった12日、宜野湾市の女性でつくる「カマドゥー小たちの集い」と普天間爆音訴訟団のメンバーは同飛行場周辺で、抗議の意思を込めた風船を揚げた。色とりどりの風船は市内7カ所で、最大50メートルの高さに上昇。米軍は沖縄防衛局に中止要請したが、規制できる法律はなく、打つ手はなし。即時返還を求める市民の思いが、普天間の空で風に揺れた。

     風船は午前9時から午後5時まで揚げた。メンバーは約20個を直径90センチまで膨らませ、普天間の周辺7カ所に分かれた。

     嘉数高台では、米軍の通報を受けた防衛局職員や県警が駆け付け、「危険なのでやめてほしい」とメンバーに中止を要請。しかし、米軍基地には航空法が適用されず、建造物や掲揚物などの高さ規制はないことから制止しきれず。最後は風船を遠巻きに見守っていた。

     公園管理の面でも、宜野湾市施設管理課の職員は「たこ揚げと一緒。危険はない」として中止を求めなかった。

     この日の普天間では、午前は基地間連絡機がタッチアンドゴーを繰り返したものの、午後になると時折、ヘリが飛び立つのみ。市基地政策部の山内繁雄部長は「明日、飛行回数データを見ないと分からないが、いつもより少ない感じがする」と話した。

     カマドゥーの国政美恵さん(56)は「住民として、普天間の危険性を遠ざけるのは当然のこと。風船という手段で、米軍機の飛行を抑えられる」と手応えを感じた様子。「このまま居座り続けるなら、何百個の風船を普天間に掲げたい」と語った。

    http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-13_16613/
    魚拓http://megalodon.jp/2011-0413-1145-19/www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-13_16613/

    ※画像:風船やプラカードを掲げ普天間基地返還を訴える「カマドゥー小たちの集い」と「普天間爆音訴訟団」ら
    http://www.okinawatimes.co.jp/article_images/20110413/20110413_0942_r7g62aYO_r.jpg

    住民を危険な目にあわせる陰湿卑劣な嫌がらせを
    まるで正義の行動かのようにアピールする自称平和団体
    それを賞賛する反米マスコミ
    完全にカルト宗教ですね

    大震災の復興に多大な協力をしてくれている米軍、
    自論の為なら付近住民の安全を脅かしはしゃぎ喜ぶ、沖縄の人のふりをしたカルト左翼(朝鮮人)
    どちらが本当の平和団体なのでしょう?

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1111-15e3fe16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。