NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)【朝日新聞】内定取り消された女子大生、東京タワーで「麻生、出てこい」と叫ぶ
asahi.com(朝日新聞社):「100万円払うので内定辞退を」1月7日、届いた手紙 - 社会

 この春に就職予定の大学生や高校生の内定取り消しが、年が明けても止まらない。厚生労働省の調査では、93年度以降、過去最悪を記録した。ある女子大生も突然、予想外の境遇に見舞われた。

 100万円を払うので内定を辞退してください――。中日本に住む女子大生(22)のもとに1月7日、こんな手紙が届いた。表題は「希望内定解約の募集について」。就職が内定していた人材紹介会社からの、事実上の内定取り消し通知だった。

 A4判の紙には「これまでの経費削減施策のみで継続した場合、09年度半ばまでに経営困難な事態に陥ると推定されます」と書かれていた。

 新聞やテレビで報道されていた内定取り消し。まさか自分の身に降りかかってくるとは思っていなかった。「働く意欲満々だったのに」と落ち込んだ。ただ、昨年12月にかかってきた電話で、予兆はあった。

 この会社からは昨年4月に内定を受けた。同業のもう1社も内定したが、悩んだ末に選んで就職活動を終えた。5月から9月にかけて、会社から出された課題をこなしてきた。10月の内定式の時点では、ここまでの景気悪化は予想もしなかった。

 11月下旬、会社から「厳しいから覚悟して入社してください」と連絡があった。でも、仕事の厳しさなのか、経営の厳しさなのか分からなかった。会社は理由も言わなかったし、こちらから質問もしなかった。

 ところが、12月中旬の電話では「他の道も考えておいてください」。ぼんやりと輪郭が見えてきた。年明けの卒業論文の締め切りが迫っていた。

 1月14日、会社の人事担当者から経営状況について他の内定者と一緒に1時間ほど説明を受けた。「このまま就職しても会社が倒産する可能性もある」。話を聞いていてそう思った。この会社への就職はやめてもいいかな、と初めて思った。

 翌15日、4月に内定を断った会社に連絡した。事情を説明し、「選考していただけませんか」と売り込んだ。19日に採用見込みと言われ、23日には履歴書を改めて持ってくるように連絡があった。でも、結局断られた。

 就職は白紙に戻った。気分転換で1泊2日の旅に出た。27日の夜、中学時代の友人と東京タワーの展望台に行った。そこで気になる場所が目にとまった。国会議事堂だった。

 そして叫んだ。

 「麻生、出てこい」

 麻生首相は経済対策はスピードが大事だという発言をしていた。今ごろになって身にしみた。「雇用、経済対策を早くしてほしい。何がスピードですか? 遅いですよ。政治が生活に直結していること、実感しましたよ」

 9カ月ぶりの就職活動。「新卒・正社員だけが世界じゃない。最大のピンチを最大のチャンスに生かす。逆境こそ楽しめ、ですかね」。精神的に強く、ポジティブになった。無難な人生ではなく、自分らしく楽しい人生が選択できたら、と思う。100万円は2月末に支給される。(二階堂勇)


何かもの凄く捏造臭がする記事なんですが。
突っこみ所満載過ぎて声を出して笑ってしまいました。

仮にこの女子大生が実在していたとして、内定取り消しの原因になった世界的な不況は麻生首相のせいではありません。
経済対策が遅れているのも民主党が国民生活よりも党利党略を優先し引き伸ばしをして足を引っ張っているからです。
文句を言うならば内定取り消しをした会社に言うのが筋。
100歩譲って不況を引き起こしたアメリカ、リーマン買収をドタキャンしアメリカ政府による救済を手遅れにした某国、無責任な引き伸ばしをして対策を遅らせている民主党に文句を言うならば分かります。

大学生でありながら、勉強不足にも程があります。
そして本当に東京タワーの展望台でいきなり的外れな事を大声で叫んだのだとしたら、その『奇行癖』と合わせて、この女子大生の内定を取り消した会社の判断は正しかったと言わざるをえません。
こんな突拍子も無い行動をする奇行社員は雇えないでしょう。

ってゆーか、この記事は本当に不自然ですよね。
この記事を書いた朝日新聞記者はたまたまこの女子大生にずっと密着していたのですか?
それともたまたま記者が東京タワー展望台に行った時に、たまたま展望台で叫んでいる女子大生に出くわしたのですか?偶然が見事に重なったものですね。
その取材対象が的外れな麻生批判をしたのもたまたまですか?
あまりにも不自然すぎて違和感のある記事です。

この記事を読んで『ふむふむ…麻生は駄目だな』などと思う人っているのですか?
それほど朝日新聞の読者って低レベルなのですかね?

まあ、少なくとも朝日新聞側は『この記事でまた麻生批判に読者を誘導できる』と思っているから記事として採用したのでしょうね。
朝日新聞購読者は随分と嘗められたものですね。
私が編集する立場ならば、この不自然な記事を記者が持ってきたら説教して当然不採用にします。どういうつもりなんでしょうね。
それとも、朝日新聞の購読者は、このおかしな記事を何の疑問も持たずに読んでしまうほど強力に洗脳されきっているのでしょうか?

まあ大体、東京タワー展望台からは国会議事堂はビルに隠れてしまって上の部分のほんのわずかしか見えません。気晴らし旅行で東京に来た人間が、国会議事堂を認識し目がとまる可能性は殆ど無いと言えるでしょう。
東京タワーから国会議事堂が良く見えた頃もありましたけどね。それは過去の話です。

どうしても朝日新聞は麻生批判、民主擁護をしたいようですね。
しかしこの記事はさすがに朝日新聞の評判を落とす事になると思いますよ。

まあ偏向捏造を繰り返し『アサヒる』などと言われている朝日新聞にはもう恐いものは無いのですかね。今更落ちる評判も無いでしょうからね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1101-e2899c5f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    「勤労統計調査」初の年間1800時間割れ 08年の1人平均の年間総実労働時間は1792時間で、現行の調査方法になった90年以来、初めて1800時間を割り込んだことが、3日発表された厚生労働省の勤労統計調査結果で分かった。厚労省は長時間労働の是正に向け1...
    2009/02/04(水) | 最新芸能・スポーツ業界ニュースダイジェスト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。