NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
livedoor ニュース - 不況を吹き飛ばすには婚活しかない!? 【独女通信】

世界大不況の危機克服が最大テーマの年明けです。この百年に一度の歴史からの挑戦に叡智を結集しなければなりません。未来世代のためにも。

これは2009年元旦の中日新聞社説の冒頭だが、年明けから景気に関する暗いニュースは続いている。全労働者の3分の1の1700万人が非正規雇用。年収200万円以下の働く貧困層が1千万人。若い世代からは「結婚もできない」の悲鳴が聞こえるとある。

確かに仕事がなければ結婚どころではないだろう。このまま不況が続けば「結婚したくない」に「結婚できない」が加わり、独女は益々増える図式となりそうだ。

それでいいのか独女たち!

会社員の恵子さん(28歳)は、現在妊娠8カ月。先月入籍をすませた。できちゃった婚に親の反対もあったし、突然の妊娠に職場では祝福より居心地が悪くなったが、それでも出産後は職場復帰をする。

「だって私が働かないと親子三人、生活できないんですよ」
夫はフリーで制作会社のディレクターをしているが一定の収入はない。両親が反対したのは経済的な理由だけでなく、二人が出会ってわずか1か月で恵子さんが妊娠したからだ。
すぐに結婚を決意した2人に、母は出産も反対した。何も苦労する道を選ばなくてもと友達まで反対したが、

「好きになるのに時間は関係ないと思いました。会った瞬間、この人って感じがしたし、妊娠が分かった時も彼の子供なら産みたいって」

 彼は恵子さんの両親に妊娠させたことを何度も謝ったという。

「謝ってばかりで、私を幸せにするとも言わなかったんです。でもその正直なところに父が折れて」紆余曲折はあったが、「幸せになるなら1人より2人。じゃなかったもうすぐ3人ですけど」と恵子さんはふっくらとした顔で笑う。
「彼も父親になるんだから頑張って仕事をすると張り切っているし、私は彼に安らぎを与えてあげたいし、家に帰ってきた彼がくつろげる環境を作ってあげたいんです」

恵子さんの口からは終始「してあげたい」という言葉を聞いた。
与えられることと与えること。どちらを幸せと感じるかは人それぞれだが、人は与える立場に立ったとき、強くなれる。

話を不況に戻すが、今の状態にはみんな不満を抱えている。政府が悪い。政治家が悪い。企業が悪い。すべてに怒りの矛先を向けたいところだが、私たちは一体何に怒っているのだろうか? 誰かに助けてもらいたい。誰かに幸せにしてもらいたい。そういう気持ちがあるから、幸せにしてくれない体制に腹をたてているのではないだろうか?

誰も幸せにはしてくれない。なぜなら、幸せとは自分で掴みとるものだからだ。

こんな時代だからこそ、人に与えることをしてみてはどうだろうか?
自分のことに精一杯で人のことなど構ってはいられないかもしれない。でもどんな状況でも、困っている人を気遣ったり、励ます言葉をかけたりはできるはずだ。彼がリストラをされた。結婚が遠のいたと思わず、自分が彼に何をしてあげられるかを考えてみよう。与える喜びを知ったとき、新しい道はきっと開ける。

愛は惜しみなく奪うものではなく与えるもの。そんな独女が増えれば今の暗い世相も少しは明るくなる。そして結婚ができないことを、時代や誰かのせいにするのはもうやめよう。過去のどんな時代も人は恋をし、結婚もしてきたのだから。(オフィスエムツー/佐枝せつこ)


【論説】 「結婚できないのを、誰かのせいにするのはもうやめよう」「不景気…幸せにしてくれないから政府に怒るのか」…独女通信
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1233559795/

あれぇ?
今まで散々、女性の我儘を煽り、少子化を煽り、それを飯のタネにしてきた『毒女通信』こと独女通信さんが変な記事を載せてきました。
これじゃあまるで独女通信がまともみたいじゃないですかw

まあこの記事も細かい事を言えば突っこみ所は結構あるのですが、それでも今までの独女通信の最悪のフェミ臭満載のカルト記事の数々に比べれば数段まともな論調です。

独身女性達に向けて『結婚出来ないのを誰かのせいにするのはもう止めよう』という論調自体は正しいと思います。
しかし『男が悪い』『社会の仕組みが悪い』『お金が大事』『女性は結婚に縛られず自由に』と先頭に立って叫び、女性たちを煽りミスリードして非婚社会を作り支えた『戦犯』である独女通信さんが急に手の平を返して言ってしまうのはどうでしょう?
正直、『お前が言うな』としか思えないのです。偏向捏造記事を繰り返した朝日・毎日が他人にモラルを問うているのを見ているのと同じ気持ちです。

こんな記事を載せちゃって良いんですか?
独女通信のフェミ誘導記事にのせられて一人相撲を取ってきたフェミ信者が置いてきぼりにされちゃいますけど?
もう男達は土俵にすら上がらず、フェミ毒による実被害を恐れて逃げちゃった後です。一人相撲を取る滑稽な姿を見て笑う観客の位置に男達はいます。

この方向転換が、批判をかわして責任逃れをする為のものなのか?
単にこの記事を書いた人が他の毒女通信記者に比べてまともな人というだけなのか?
それともこの記事だけでまた次からは非婚を煽り少子化に加担し続けるのか?
少し注目してみたいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1099-2432b3a7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。