NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、昔にもどりたい 「やっぱりヤバいギョーザだった」~天洋食品、無料配布で中毒症状
天洋食品回収のギョーザ、中国鉄鋼メーカーに大量横流し(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 【北京=佐伯聡士、牧野田亨】昨年1月、日本で発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)により回収・保管されていたギョーザが、河北省唐山市の「唐山鋼鉄」など複数の鉄鋼メーカーに大量に横流しされ、同年4~6月ごろ、従業員やその家族らが食べていたことが23日、関係者の話で分かった。

 また、別の関係者は、中国国内で6月に起きた中毒事件の被害者が、同省承徳市の「承徳鋼鉄」の関係者4人であると明らかにした。4人は横流しされたギョーザを食べたものとみられ、中毒事件発覚後もギョーザが広範囲に出回るという、ずさんな管理実態が浮き彫りになった。

 ◆「福利厚生」名目で無料配布◆ 

 唐山鋼鉄従業員によると、冷凍ギョーザは昨年5月ごろ、会社から「福利厚生の一環」として無料配布された。対象は、正規従業員7000~8000人のうち夜勤者が中心で、日本で中毒事件が発覚し、輸出が禁止された天洋食品製「中華deごちそう ひとくち餃子」が2~4袋ずつ配られた。

 唐山市で本紙が確認した製品の包装デザインは黒色が基調で、事件当時公表された赤色基調のものとは異なる。輸入元企業の親会社の日本たばこ産業(JT)によると、黒色の商品は高級感を出すためデザインを刷新したもので、昨年2月から発売する予定だったが、事件発覚で日本国内には出回らなかったという。

 記載された賞味期限「2009年4月6日」から逆算すると、製造日は昨年1月6日で、天洋食品が保管していたものとみられる。多くの従業員がギョーザを食べたとみられるが、中毒など健康被害は伝えられていない。同省邯鄲(かんたん)市の「邯鄲鋼鉄」でも、昨年4~6月ごろ、2~3袋ずつ配布された。系列病院の職員を含め、約3万人に配られたという証言もある。

 一方、承徳鋼鉄従業員によると、ギョーザは「ひとくち餃子」で、昨年5月ごろ、同社周辺に4か所ある従業員食堂で販売され、購入者が列を作ったという。だが、1、2か月後、会社が突然、残っているギョーザの回収を開始。会社側からは、中毒患者発生などの説明はなかったという。

 中国筋によると、中国では、経営不振の企業などの救済策として、在庫品を低価格で他の企業などが買い取り、従業員に配布する行為が少なくないという。

     ◇

 JT・IR広報部は、天洋食品製造のギョーザの所有権について、日本に輸出され、通関に合わせてJT側に移る契約だったと説明。中国国内での横流しに関して、「非常に遺憾。天洋食品と接触できないため、打つ手がない」と話している。

 ◆中国製冷凍ギョーザ中毒事件=千葉、兵庫両県の3家族10人が07年末から08年1月にかけ、天洋食品製造のギョーザで中毒症状になった事件。ギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたが、中国側は同年2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見解を公表。だが、6月中旬、中国河北省で4人が天洋食品のギョーザを食べ、中毒を起こしたことから、中国国内での混入の可能性が強まっていた。



やっぱりヤバいギョーザだった 無料配布で中毒症状(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

 中国製ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)が事件を受けて日本に出荷できず、中国国内で回収した大量のギョーザが昨年4―5月、同省唐山市の鉄鋼メーカー、唐山鋼鉄で無料配布され、食べた複数の従業員が下痢などの中毒症状を訴えていたことが24日、分かった。唐山鋼鉄関係者や複数の従業員らが明らかにした。

 問題を受け唐山鋼鉄はギョーザを回収。中毒症状を訴えた男性従業員の一人は「食べた直後に激しい腹痛に襲われ、そのまま二日間寝込んだ」と共同通信に証言した。男性は病院で検査を受けておらず、日本の事件で検出された殺虫剤メタミドホスによる中毒と断定はできないが、食後すぐに発症しており何らかの毒物中毒だった可能性がある。

 中国政府は、昨年6月に中国国内で天洋食品製ギョーザを食べた4人が中毒となった事件については日本側に通報したが、唐山鋼鉄の件は通報しておらず、事件解決へ向けた中国側の協力姿勢が問われそうだ。

 関係者によると、ギョーザ配布は国有企業の天洋食品を監督する河北省国有資産監督管理委員会が、唐山鋼鉄の親会社の国有企業、河北鋼鉄集団に指示していた。

 また別の関係者は、昨年六月の中毒事件で同集団の子会社、承徳鋼鉄(河北省承徳市)で配布されたギョーザを食べた従業員らが被害に遭ったと明らかにし、地元政府が大量の天洋食品製ギョーザを組織的に“横流し”していたことも判明。この事件については中国政府は7月、日本側に通報していた。

 唐山鋼鉄関係者らによると、ギョーザは昨年5月の連休に合わせ、福利厚生の一環として同社の第二鋼鉄圧延工場や冷延薄板工場などで働く多数の従業員、関連の唐鋼医院の医師らに配布された。 (共同)

[ 2009年01月24日 08:30 ]



痛いニュース(ノ∀`)【毒ギョーザ】 「日本人が犯人」という中国当局の報道を信じ、新たな中毒発生
中国製ギョーザ 省政府、横流し斡旋 新たな中毒 天洋救済で10万食(産経新聞) - Yahoo!ニュース
1月25日8時3分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】昨年1月に発覚した中国製冷凍ギョーザによる中毒事件後、製造元の国有企業「天洋食品」(河北省石家荘市)が売れ残った大量のギョーザを、地元政府の斡旋(あっせん)で同省内の鉄鋼工場に横流しし、新たな中毒事件を引き起こしていたことが24日までに分かった。「中国国内での毒物混入はない」と断定した中国当局の発表を信用したためで、同省関係者もギョーザを食べた従業員も危険性について認識していなかったようだ。

 河北省の国有企業幹部によると、日本との取引を中止され経営難に陥った天洋食品を救済するため、地元の国有企業を管轄する同省国有資産管理監督委員会は、同じ国有企業の同省鉄鋼グループに対し、売れ残った10万食以上のギョーザの購入を持ちかけた。ギョーザは同グループ傘下の唐山、承徳、張家口など各地の子会社で無料配布されたが、それを食べた複数の従業員が下痢や嘔吐(おうと)などの中毒症状を訴えたという。

 国営新華社通信は24日夜、天洋食品のギョーザを昨年4月に同省の企業約20社が購入したと報じた。一方で、同ギョーザを食べて重い中毒症状を訴えたケースはないとする当局者らの見解も伝えた。

 だが、「唐山鉄鋼」の50代の男性従業員は産経新聞に、「昨年5月ごろに会社からギョーザを数袋もらったが、同僚の中にギョーザで体調を崩し入院した人もいたため、しばらくして回収された」と証言した。

 日本での中毒事件は中国でも報道されたが、中国公安省は昨年2月に記者会見で、「中国国内での毒物混入」を否定したため、「日本での混入説」はほぼ既成事実として中国で認識された。多くの中国メディアは「工場内の安全管理に問題なし」として、天洋食品を事件の被害者のように報じたため、一般市民からも同情が集まっている。横流しを斡旋した地元政府は、ギョーザの危険性についてまったく認識していなかったと関係者は証言した。工場周辺では、いまだに「日本人犯人説」が独り歩きしているのが現状だ。


『日本人が犯人』という中国政府の嘘発表を真に受け、危険な餃子であることを知らずに食べてしまった人は可哀想ですね。
既に中国国内、製造元の天洋食品での毒物混入は確定なのに…
日本に出荷する前の物での中毒患者も居たのですから。

287 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 17:52:23 ID:IShw2H8h
毒ギョーザ事件 日本で発生

中国 メンツを優先させ日本人がやったと主張

その後どう考えても中国国内で入ったとしか思えない証拠続々出てくる

それでもメンツを優先させ、日本人が日本で入れたと主張

しかしその後、同様の事件が中国国内でも発生

日本人が日本で入れたと言ってた中国の責任者謎の飛び降り自殺

中国も中国で誰かが毒入れたと態度を軟化させるも五輪を優先 事件を放置

結果防犯カメラなどの映像などがなくなってしまい捜査難航


確かに新たな被害者達は情報弱者なのかもしれません。
毒餃子というテロを仕掛けられ、被害を受けたのは日本。
なのに中国政府に犯人扱いされて逆切れされ、非常に腹立たしい事件でした。
我々は断固としてテロを行った犯人と中国政府に抗議していくべきです。
しかし中国政府による情報隠蔽の徹底ぶりを知っていると、被害者にはやはり同情してしまいます。


日本のせいにして新たな被害者を生んでしまった中国政府のやり方は酷いものです。
これでは信用して中国製品を食する事など出来ませんね。
信用する理由が全くありません。

今回の件についても、中国国内ではまた『日本人が犯人!』と流されるのでしょうか?
そしてまた日本のマスコミが中国政府側に立ち中国擁護を繰り返すのでしょうか?


関連エントリー
『天洋食品』毒ギョーザ、中国での殺虫剤混入がほぼ確定…中国で中毒
【毒餃子】ギョーザ中毒事件に関わった中国の食品監督局長が自殺
知日家の中国人『どうして日本は中国の悪い面ばかり報道するの?』
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1086-78e6019f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。