NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未定なブログ 中国産ウナギから基準値こえる殺虫剤 千葉県が回収命令、1500キロ 東京・埼玉・千葉で流通
時事ドットコム:中国産ウナギから殺虫剤=1500キロ、回収命令-千葉県

 千葉県は15日、成田空港に3日輸入された中国産の活ウナギから殺虫剤「ジコホール」が基準値の3倍(0.03ppm)検出されたとして、輸入業者の丸勝(成田市)に対し、同日輸入分の1500キロ(約5000-7000匹)について回収命令を出した。

 成田空港検疫所の抜き取り検査の結果、3日に輸入されたウナギから基準値を超す残留農薬が検出されたと厚生労働省から県に連絡があった。ウナギは東京都、埼玉、千葉県内に販売され、多くは消費済みとみられるが、これまでのところ健康被害の届け出はないという。
(2009/01/15-19:39)



「殺虫剤検出のウナギ輸入会社に回収命令 千葉県」イザ!

 千葉県は15日、中国・福建省で養殖された活ウナギから基準値の3倍の殺虫剤が検出されたとして成田市の輸入会社に回収命令を出した。これまでに健康被害は確認されていないという。

 県衛生指導課によると、回収が命じられたのは今月3日に成田市新田の輸入業者「丸勝」(西勝光治社長)が輸入した活ウナギ6000匹分1500キログラム。

 成田空港検疫所が検査したところ、1匹(200~300グラム)当たり0・03ミリグラムの殺虫剤ジコホールが検出された。微量のため、健康への影響はほとんどないとみられるという。

 東京、埼玉、千葉県の卸業者に既に販売されたため、同課ではその先の流通経路について調べている。

 ジコホールは別名ケルセンと呼ばれ、花や野菜の害虫駆除に使用されている有機塩素系殺虫剤。体内に入ると、頭痛やめまいなどの症状が現れ、重症になると内臓障害などを起こすことがあるという。日本国内での生産は中止されているが、使用については禁止されていない。


またですか。

何でうなぎに殺虫剤?
マラカイトグリーンのような『うなぎに与える事で品質を誤魔化し業者にメリットがある』ものなんですかね?
それとも単に管理不足で餌に含まれていたものが蓄積されたのか?

また中国からお得意の『仕返し』で日本食品に因縁を付けてくるのでしょうか?
そんな事をしている暇があるならば『食の安全』にもっと気を配って欲しいのですけどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1067-e7b5deb8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。