NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京で3日に死亡の男性、11年前に愛知で死亡していた!? 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京都大田区のアパートで今月3日に死亡しているのが見つかった男性が、愛知県小牧市で1998年4月、建設会社の独身寮が燃えた火事で死亡したとされた男性作業員(当時52歳)だったことが15日、わかった。

 愛知県警は11年前の火事の際、別人と取り違えていた可能性があるとみて、再調査に乗り出した。

 同県警によると、98年4月3日、同市北外山の建設会社独身寮から出火、1階の自室にいた同社の男性作業員が顔などにやけどを負い、重体となった。

 東北地方にいる親族が病院で面会して本人と確認した後、作業員はやけどの影響で死亡した。県警は通常行う検視を実施せず、作業員の遺体は親族の元に返され、火葬されたという。

 一方、警視庁蒲田署が今月3日、大田区のアパートで死亡している男性を見つけ、確認したところ、11年前に死亡していたことになっていることが判明した。連絡を受けた愛知県警は、当時の状況について再調査を始めたが、捜査資料が残っておらず、11年前に死亡した作業員の身元はわかっていない。

 作業員は履歴書などに、大田区で死亡した男性の名前や経歴を書いて会社に提出していたとみられ、何らかの理由で別人になりすまして生活していたとみられる。
(2009年1月15日12時11分 読売新聞)



asahi.com(朝日新聞社):11年前の火災死者は誰? 「本人」男性が1月病死 - 社会

 11年前に死亡したはずの男性が生きていた――。98年4月に愛知県小牧市で火事に遭った男性が、実在の別人を名乗ったまま、死亡していたことがわかった。名前を騙(かた)られた男性が1月上旬、東京都内で病死しているのが見つかってわかった。火事で死亡した男性の身元は「謎」で、小牧署は再捜査を始めた。

 同署によると、火事は98年4月3日未明、小牧市北外山の建設会社の寮であり、寮に住んでいた作業員の男性が全身やけどで意識不明の重体になった。同署は会社の履歴書や男性の弟による身元確認を元に、男性の氏名と年齢(56歳)を発表。約2週間後、男性は死亡した。

 しかし、1月初めになって東京都大田区内の自室で1人の男性が病死しているのが見つかり、警視庁が調べたところ、病死男性が小牧市の火事で死亡したことになっており、戸籍上も死亡した扱いになっていることがわかった。

 小牧の男性が搬送先の病院で死亡したときに、病院からの死亡連絡が同署になかったため、検視がされなかったらしく、検視調書も残っていないという。同署は当時の関係者から事情を聴くなどして、男性の身元の確認や別人の名前を名乗った経緯などを調べている。


【社会】11年前の火災死者は誰? 死亡したはずの男性が病死
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1231990825/
【愛知】11年前死んだ男性、今月死亡
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1232014602/

じゃあ11年前に死んだ男性って誰なのさ?
あまりにも不明点が多すぎて何も言えません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1063-e1fb724a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。