NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、昔にもどりたい ネット通販での代引きとコンビニ支払いが出来なくなるぞ!
金融庁も厚労省も腕まくり ネット通販に規制強化の大波|inside|ダイヤモンド・オンライン

 著しい成長を続けてきたインターネット通信販売市場に、“規制ラッシュ”が押し寄せようとしている。金融庁や厚生労働省が、消費者保護・安全性確保の点から規制の強化を図っているもので、各省庁の計画通りに実施されれば、商品購入時における支払い方法のサービス内容は変更される可能性が高い。医薬品販売は大幅に制限される。

 まず、金融庁が検討を進めているのは、配達時に商品と引き換えで支払う「代金引き換え決済(代引き)」やコンビニエンスストアで支払う「収納代行」の規制。2009年の通常国会に為替取引に関する法案提出を予定しており、このなかで規制を盛り込もうとしている。

 規制が実施されれば、規制対応コスト発生に伴う料金値上げや一部業者のサービス停止が予想される。また、マネーロンダリング防止のため、10万円を超える商品は本人確認が義務付けられ、たとえ家人であっても、委任状がなければ荷物を受け取れなくなる。

 厚生労働省が制限しようとしているのは、一般用医薬品(OTC)のネット通販。「対面販売」の原則に基づき、風邪薬や発毛剤など、副作用リスクの程度が比較的高い第1類・第2類の医薬品のネット販売を禁止。ビタミン剤など、リスクレベルが最も低い第3類の医薬品のみ継続して販売を認める。

 つまり、これまでネットで販売されてきたOTCの大半はネット購入不可となる。2009年6月に施行される改正薬事法に伴い、この規制を盛り込んだ省令が公布される見通しだ。

 こうした動きに対して、規制を受ける事業者や内閣府の規制改革会議が反発を強め、今、それぞれの省庁との間で最後の攻防を繰り広げている。現状では、代引きおよび収納代行では金融庁は劣勢、医薬品のネット通販では厚生労働省が優勢だ。
(以下略)


自分メモ。
厚生省による一般用医薬品(OTC)のネット通販の制限はさておき、金融庁によるネット通販での代引きとコンビニ支払いの規制ってのは気になりますね。
規制=禁止ならば、ネット通販は規模縮小する事になってしまうでしょうね。

『消費者保護・安全性確保』って名目らしいですが、『消費者保護』と名が付く施策には碌な物が無いですからねぇ。
蒟蒻ゼリーのような合理性に欠けたヒステリックな論調で規制されるのは勘弁して欲しいです。
また変な自称『市民団体』による圧力でもあるんですかね?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1023-8bb2bdc5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。