NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)母親「あなたエッチなサイト見たわね?請求書が来たのよ!」 小学生「!!!」
「アダルトサイトの請求メール」が小学生の子供に! ITとほほ観察記 J-CAST会社ウォッチ

ITをめぐるトラブルは社内に限りません。会社から家に帰ったあと、子供が起こした問題に悩まされることだってあるのです。たとえば、こんなケースがありました。

E子さんは、中学生の長男と二人で暮らしています。学習塾と課外のスポーツクラブに加えて、たまにE子さんの土日出勤もあり得るため、小学校の4年生に進級した頃から連絡用に携帯電話を持たせていました。

「あなた、エッチなサイトを見たでしょう?」
6年生に進級した夏休みのある日、朝から子供の元気がありません。勉強疲れか、課外のスポーツと塾と両方へ通うのが負担になっているのか、とE子さんは心配するのですが、塾のテストもちゃんとできているし、スポーツのほうでもトラブルがあるという話はありません。

「もしや」と思い、子供が眠りについてから携帯電話のメールをチェックしました。案の定、アダルトサイトを騙る架空請求メールが来ています。

「このメールを消去せず、気に病んでいるということは、実際にアダルトサイトにいったんだな……」
そう見破ったE子さんは、一計を案じました。一日おいた翌々日、起きてきた子供に言いました。

「あなた、エッチなサイトを見たでしょう?」
否定する子供にE子さんは、

「××××というエッチサイトの業者から料金を支払えってメールがお母さんのところにも来たのよ!」

子供のしつけは「万事塞翁が馬」
まさか、自分のメールをチェックされているとは夢にも思わない子供は、仲良しの友達と見たと、あっさり白状しました。学校は違うのですが、住んでいるところが近く、家族ぐるみで仲良くしている友達です。

よく聞けば、ただの無料アダルト画像サイトだったのですが、お灸をすえてやろうと思っていたE子さんは、

「昨日、その業者に4万8000円を払っておいたから。あなたと二人、苦しい家計のなかで4万8000円の出費が、どれほどお母さんの負担になるかわかってるの!」
きつく叱ると、子供はすすんで「もう二度としない、誓います」と謝ってきました。その日の昼休み、E子さんは友達のお母さんに電話をかけ、

「アダルトサイトの架空請求がありましたが、これを機会に躾けようと思うので、そちらのお子さんのほうで話題になることがあったら、本物の請求で、本当に支払ったということにしておいてください」
と頼みました。すると友達のお母さんも、

「じゃあ、ウチも相乗りしていいかしら? ○○ちゃんのお母さんが代わりに払ってくれたって、主人と一緒にお灸をすえてやるわ」
E子さんは言います。

「子供の躾けなんて、万事塞翁が馬みたいなことが多いんですよ。このケースでは、小さなトラブルを予防ワクチンのように使えたのですが、中学生になると子供も知恵をつけてくるから、そう簡単にはいかないでしょう。これからは、ネットや社会の現実をきちんと正面から教えていくことが、大きなトラブルに巻き込まれないための杖となると思います」


コレって『ネットに関するトラブル回避』『子育て』の『成功例』として書かれているのですが…読んでも全く『成功例』に見えないんですがw
むしろ『デリカシーの無い母親が子供のプライドを傷付けた』失敗例にしか見えないんですけどw
こういうのって、余程の事ではない限り、証拠を抑えて頭ごなしに説教するのってダメダメな気がします。余程危険な状態で無い限り、基本は泳がせておいて、『変な請求が着たんだけど知らない?』とか『パケット代が掛り過ぎだけどアダルトサイトとかばっかり見てるんじゃないの?』とか匂わせる程度で十分ですよね。

こんな嘘を付いて子供のプライドまで傷付けても、子供が少し大きくなればすぐに嘘だとばれます。その時に母親や女性に対する恨みや不信感だけが残りますよ?

こういうのは男の方が分かるんですよね。
こういう『失敗』をする前に、男親に相談するべきでしょう。

そういうものから遠ざける教育方針ならばフィルタリングや機能制限をして見る事が出来ないようにする。それが出来ないならば携帯電話を持たせない。
連絡手段だけならば減ったとは言え公衆電話もあるし、ネットが観れない子供用の携帯やPHSなども全滅って訳ではないですよね?最近調べてないけど。

どうしても子供に携帯電話を持たせたいならば、しっかりと架空請求にひっかからないように教育すべきです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/12/22(月) 01:07 | URL[ 編集]
    これはひどい

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1001-026a957a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。