NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
 2011年1月15日付の韓国紙・朝鮮日報によると、中国人民解放軍が北朝鮮に進駐したようです
時事ドットコム:中国軍、北朝鮮特区に進駐=施設警備、有事介入の見方も-韓国紙
2ちゃん的韓国ニュース 中国人民解放軍が北朝鮮に進駐だってよ
また朝鮮半島は中国の属国に戻るようですね

介入すればまた最終的には日本が悪者にされてしまいます
朝鮮側から日本への併合を求めてきて、日本はそれを受け入れただけ。
なのに朝鮮人は『日本による残酷な植民地支配の被害者!謝罪と賠償w(ry』と叫ぶ。
それが朝鮮人です。
同じ失敗をするのは愚かです。助けを求めてきても無視しましょう
係わったら負けです。

**************************

YouTube - 日の丸にウンコのデザインをする在日韓国人 「オレ達に選挙権をよこせ」

日本をここまで愚弄しますか…
こういう日本が憎くて憎くて日本人への敵意を剥き出しにし『反日上等』などとのたまう連中に日本国籍や参政権を与えるわけにはいきません。
不法入国者を放置するとここまで開き直って増長するものなのですねぇ…

ってか、普通は、乗っ取りを狙う連中だって友好的なフリをするものでしょうに。
ここまで露骨に敵意剥き出しだと『そんなに日本が嫌いならば帰れ!』としか言えません。
不法入国者をのさばらしておくと、どこまでも増長するのですなぁ。

こちらが温情のつもりの黙認・放置でも、こういう連中には通じないのです。
今では温情を逆手に取られ、逆に日本は反日連中によるマッチポンプでレイシスト扱いですよ…
要求は次々エスカレートし、全てを奪うまで増長は止まらないでしょう。

不法入国の水際での徹底排除、侵入者の摘発・国外退去を急ぐしかありませんね。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こういうのを『デモ』とか『抗議』とか言うのは間違っている。
暴徒であり、『集団襲撃事件』である。

「義援金少ない」 四川省のケンタッキーに住民が抗議活動 - NIKKEI NET
ヌコニュース 【四川大地震】 「義援金少ない!」 住民ら、ケンタッキー・フライドチキンのガラス破壊
キリンちゃんねる 「義援金少ない!」 3億円しか寄付しなかった、ケンタッキーを四川の住民が襲撃

 【遂寧(中国四川省)=多部田俊輔】中国・四川大地震の被災地、綿陽市の南に位置する遂寧市のケンタッキー・フライド・チキン店舗が、住民から被災者への義援金が少ないとして抗議活動を受けた。ガラスを割られ、一時休業に追い込まれた。企業の義援額の多少についてインターネットの掲示板などで批判が出ているが、実際に被害を受けたのは珍しい。

 抗議活動は6月1日に発生。学生らが「寄付が少なすぎる」とデモを行い、1、2階のガラスを割った。同店は割れたガラスを「グループ全体で2100万元(約3億1500万円)を寄付した」と書いた張り紙で覆い、3日から1階のみで営業を再開した。


中国国内では義援金ランキングが作られて、金額の多い少ないを言い合っているそうです。
一企業が3億円も出しているだけでも感心してしまうのに…何だろうこの人達は。
『ありがとう』じゃねえの?感謝も出来ないの?逆に襲撃?
単なる強盗団で暴動じゃん。襲撃されたくなければもっと金払えってか?酷いわ。

『良かれと思ってやった事でも受け取る側には迷惑でしかないかも』って意見を良く聞くけど、そういう意味で言えば、何をやっても中国人は悪く受け取るから、もう何もしないほうが良い、これ以上係らない方が良いのかもしれません。
もうケンタッキーに限らず、世界中の企業は手を引いた方が良いよ。
あの国に係ると、ろくでもない事にしかならない。

『三億寄付したら店をぶっ壊された』の巻~
スポンサーサイト
四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か -大紀元時報
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 地下核施設が爆発か!? 震源地で大量のコンクリート噴出、半径数百キロ圏内は立ち入り禁止
ワラ速 【中国】地下核施設が爆発か!?震源地で大量のコンクリート噴出、半径数百キロ圏内は立ち入り禁止
m26711.jpgm71935.jpg

 四川大地震の震源地付近の山で、地下からコンクリートの塊が大量に噴出した。専門家は、地下で核施設の爆発の可能性を示唆した。

 中国メディアの中国新聞社の5月31日報道によると、震源地付近の映秀鎮と旋口鎮の境目にある山の上り坂で、幅約1キロ、長さ約2キロの巨大な溝が地震後にできた。溝の底には直径20cmから50cmコンクリートの破片で埋め尽くされていた。現場には大きな建物がないため、これほど多くのコンクリートの破片の出所が問題になった。

 現地の村民によると、5月12日地震発生当時、多くの村民は農作業をやっていた。突然地面と山が激しく揺れ始め、同時に凄まじい爆発音に伴い、付近の山頂に穴が開き、そこから歯磨き粉を絞り出すかのようにコンクリートの破片が噴出した。この様子は、約3分間続いたという。

 中国新聞社が報道した噴出の時間と現象に基づいて、地下の火山爆発の可能性を排除できる。「核施設の爆発によって発生した強烈なエネルギーが地下建築物を砕き、その破片を地上に押し上げてきた可能性が高い」と専門家は分析している。

 国外の中国情報サイト「博訊ネット」も専門家の見解を引用し、核爆発が発生したと伝え、コンクリートの破片は中国軍の地下軍事施設のものと報じた。

 被災地の目撃者の証言によれば、地震発生直後、汶川県の震源地から南西方面の山中に通じる主要道路は特殊部隊に封鎖され、半径数百キロ圏内が立ち入り禁止となった。また、山に入る大量の軍車両に、白い防護服を着た人の姿を目撃したとの証言もある。

 また、震源地付近の救援隊は、中国の軍部隊だけで、国外と民間の救助隊は現地に近づくのを禁止されていたという。



非常に恐ろしいニュースです。
正直ネタであってくれと願うばかりです。

有り得るパターンとしては、
地震で地下核施設崩壊→メルトダウンor核爆発ってコースですか。

こんな話もあります。
米流時評 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発施設
震源のあたりは核施設が大量に存在しているらしいです。

ココには死体の写真もかなり載っているので閲覧注意です。
今、四川省で何が起きてるのか【核施設問題・四川大地震】:イザ!

このニュースが本当ならば、当然日本にも影響があります。
実際、全国各地で5月末に3回程空中の放射線量がかなり高くなった件が有りましたが…あれなの?

本当にネタであって欲しい…出来るだけ外出控えるか。

<四川大地震>「中国を侮辱した人間」のブラックリスト発表、もちろんシャロン・ストーンも―中国メディア

2008年5月30日、中国の「環球時報」とそのサイト「環球網」は、四川大地震の発生後に中国政府や人民を侮辱するような発言を行った人物を 「ブラックリスト」と称した記事の中で、以下のように紹介している。

トップに名前が挙がったのは、シャロン・ストーン。
IQ154の知能を持つ彼女が、四川大地震について「中国政府のチベットに対するやり方は好きじゃない。 こんな地震が起こったのも何かの報いでしょ」と発言。
地震の犠牲者は政治とは無関係な一般人ばかりで、彼女の発言は無責任で非人道的。

次にフランスの左翼系新聞「リベラシオン(Liberation)」の北京駐在パスカル記者。
彼女は四川大地震について「ちょうど良い時期に発生した。これでみんなはチベット問題を忘れてしまう」と論じたうえに、「中国政府の対応が遅い。温家宝首相は人心を得るための演技をしている」と批判した。

この他にも「政府は地震を政治的利用している」と書いたドイツの週刊誌「Der Spiegel」のワーグナー記者や、 地震報道の大部分を中国政府批判に割いた英国紙「ガーディアン(The Guardian)」のブラニガン記者、 中国人民を侮辱する書き込みをインターネット上で展開した韓国のネットユーザー、 頻繁に発生する災害はすべて中国政府のせいだと書いた独週刊誌「Stern」の記者がリスト入りしている。


こんなくだらない『ブラックリスト』など作って喜んでいる暇があったら、自国の被災者の為に出来る事があるのではないのか?
本気で『いい加減にしろ』と言いたい。


「女優のS・ストーン、四川大地震めぐる発言で中国人に謝罪」世界から‐中国・台湾ニュースイザ!
認知操作の対象にされたシャロン・ストーン 負けるな 明日は我が身ですから:イザ!

シャロン・ストーンさんの発言について、四川大地震が中国政府のやった事に対する報いとは思えない。もしそうならば四川ではなく北京に地震が起きていたであろう。
しかも報道では一切触れられていないが、四川大地震はチベット族を直撃しているはずである。どさくさに紛れて非道な虐殺行為がさらに行われているのではと危惧している。


援助物資の横領も報じられている。
被災者専用テントがレジャー施設に=中国四川 - 大紀元時報-日本
ニュース超速報! 【四川大地震】「被災者専用テント」が、店で売られていたり 中で麻雀やってたり
援助物資横領疑い、被災者と警官隊が衝突…香港紙報道 国際 YOMIURI ONLINE
援助物資横領、7人逮捕―四川省徳陽
報道管制の厳しい中国からこういうニュースが流れてくるとなると、実際の横領件数は遥かに多いのではないかと予想している。見てすぐに判別出来る物資でさえこの扱い、義援金の行く先など容易に想像出来る。

今大事なのは、被災者の命を1人でも多く救う事。
くだらない粘着など止めて、とっとと困っている貴方達の仲間を救いなさい。
そんなのは後でいくらでも出来るだろ!

全く呆れてしまう…
助けてあげたいのはヤマヤマなれど…

痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 中国、日本政府に「自衛隊機派遣」要請


 中国・四川大地震で中国政府が27日、日本政府に対し自衛隊機の派遣を要請してきたことが28日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。関係者によると、中国側は現地への支援物資を「被災地に飛行機で運んでほしい。その際には自衛隊機でも構わない」と要請してきているという。

 この要請について防衛省側は「人道上の話なので意義がある。ただ、省としての判断はついていない」として慎重に検討している。

 日本政府はこれまでに被災者の救援活動を行うため国際緊急援助隊のチーム60人を派遣している。

 自衛隊機が中国に派遣されるのは戦後初めてのケースになるだけに政府としては現地住民の旧日本軍への感情も考慮して慎重に検討しているとみられる。
 同地震では米空軍の輸送機2機が人道支援物資を送るため18日に成都に到着している。


正直、驚いたし、判断がとても難しい問題だ。
日本が自衛隊機を中国に派遣する事で、被災者が助かるのであれば派遣すべきである。
しかし、『侵略の濡れ衣を着せられる、罠である』という意見を含め、ネットでの意見も分かれている。

自衛隊の海外派遣を決して認めてこなかった朝日新聞、社民党、民主党が、今回どういう判断をするのか注目したい。例え中国様の要請であっても、やはり従来どおり認めないのであろうか?
自衛隊海外派遣大反対はサヨクの根幹。ココで認めると今までの主張を全て覆す事になるが、どうなのでしょうね?

行っても行かなくても、結果どちらを選択しても将来的に日本非難の火種になりそう。
C-130なら機密漏れの心配も無いとは思うが、いろいろ悪い事を想像してしまう。
国内的にも対外的にも波乱を呼ぶであろう。
難しい…
被災する自国民を犠牲にしてでも守りたい『メンツ』って何なのでしょう…

日本の緊急援助隊は煙たい? 住民歓迎も軍は「メンツが…」 - MSN産経ニュース
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 「日本隊、早く帰れよ」「日本が生存者を発見したらメンツが」…日本の援助隊に、軍は不快感

 日本の国際緊急援助隊は18日、「いちるの望み」(隊員)をかけ、多くの生徒、児童が下敷きになった学校の倒壊現場での捜索・救助活動を始めた。ただ、同隊への感謝の声が絶えない被災民とは異なり、人民解放軍などの反応は手放しで「歓迎」とはいかないようだ。

(中略)

 17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。

 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。

 それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮き彫りにしている。


日本の国際緊急援助隊は、わざわざ生きている人がいないところを選んで行かされたようです。
自国民の人命よりメンツが大切なのですね。そんな事を言っている軍のメンツなど潰れてしまえば良い。そんな戯言を言っている暇があったら1人でも多く人命救助しましょう。

こんなありえない発言を繰り返す『人民解放軍』は、皆さん勘違いしていると多いかと思いますが中国という国に属する軍隊ではないのです。
中国共産党という一党に属する軍隊です。中国共産党の利益を守る為の軍隊なのです。

被災した中国人の命を一番軽視しているのは中国人だという悲しい現実。
日本の国際緊急援助隊の皆さん、生き埋めになった人を救出して下さい。
人民解放軍の下らないメンツなんか関係無いです。今、優先すべきは何なのかを見せてやって下さい。
くれぐれもお体には気を付けて下さい。
「水道汚染」「米国の兵器」…四川大地震、ネット上にデマが氾濫 - MSN産経ニュース
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】「地震は米国の地球物理兵器によるものだ」ネット上にデマ氾濫

 中国・四川大地震の発生後、中国国内で、インターネット上を中心に地震に関連するさまざまなデマが飛び交っている。中国公安省は16日までに、これら“愉快犯”に対し、拘束などの強硬措置に出た。

 地震発生直後から被災地の成都では市民の間に「水道水が汚染された」との話が伝わった。ほかにも、「大規模な余震が起きる」という一見信憑(しんぴょう)性がありそうなものや、「四川大地震は米国の地球物理兵器によって引き起こされたものだ」などという荒唐無稽(むけい)なものも。これらはすべてインターネットが出所とされている。

 中国当局が地震発生を予知していながら、北京五輪前に市民が混乱状態に陥ることを恐れて情報を隠蔽(いんぺい)したとの批判もネット上に流され、地震予測研究所の研究員が、中国国営新華社通信に「どこの国も専門家も正確な地震予知は不可能」と否定する一幕もあった。

 中国公安当局はネット上で発見した40件以上の地震に関する“デマ”をもとに捜査を進め、16日までに扇情的な発言を広め、政府に対する国民の信頼を損なったなどとして、関与した2人を拘留、2人に謝罪文の提出を求めたほか、13人に警告処分を下した。

 強硬姿勢の背景には、国内外の反応をにらみながら震災への対応にあたっている最中、パニックが政府批判へ向かうことを防ぐ意図がうかがえる。


まあ、このままデマが広がっていくうちに、政府批判が活発化するのを防ぐ為の、見せしめ的な拘留でしょうね。これで噂話も減るでしょう。

中国の人も政府が情報をコントロールしているのは知っているでしょうから、自然災害でさえも『裏がある』と思ってしまうのでしょう。
まあ、我々日本人も、それなりに情報コントロールされてますから、人の事は余り言えないのですがね。

与えられた情報を鵜呑みにせずに、嘘を嘘と見抜く力が大切な訳でw
中国の場合は真相を自分で調べようにも、調べる事が難しいのが問題なのです。

それでも『四川大地震は米国の地球物理兵器によって引き起こされたものだ』ってのはすっ飛ばしすぎですがね。
「反日」消えた? 救援隊派遣でネットに「謝謝」の嵐 - ZAKZAK
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 “反日、消える?” 「偏見あったが…日本人はいい人だ」「もう歴史なんて関係ない」…救援隊派遣でネットに謝謝の嵐

このニュースを見て、中国の2ちゃんねる的存在である『百度』や代表的なニュースサイトを巡回してみたが、短時間の限定的な巡回ではあるが日本に感謝する内容の書き込みは確認出来なかった。
ZAKZAKさんが見た『謝謝の嵐』はどこなんでしょうか?

全く逆の書き込みならいくつもあるんですが…
『日本が金を出すのは当然』『日本の救援隊派遣には裏がある』『日本が我が国にやった卑劣な行為を事を忘れるな』的なものなら確認出来ました。

痛いニュースさんの『2ちゃんねる書き込み』の中のコピペ

926 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:56:45 ID:f06ZvIbzO
日本人救助チーム派遣に対する中国人達のコメント
ttp://blogs.yahoo.co.jp/saigo_masayoshi/8593935.html

网易新疆石河子市网友(222.81.*.*) 的原?:
千万不是来?地?的,因?那里的地理?境至今是个迷

地図を調査するために来るでしょう、あそこの地理環境が今まで謎であるから。

网易广?省?莞市网友(59.37.*.*) 的原?:
是??走在一起,因?日本一定被中国所?,我也很想在?京去体?日本当年在南京的感?!!

勿論日本は中国に近寄るべきです、日本はきっと中国に滅亡されるので。私は東京で
当時日本人が南京での感じを体験したい!!

网易北京市海淀区网友(221.223.*.*) 的原?:
血?只能用血来?,也没人稀罕它的几个??日元,中国人也不需要它拿个日?来?乖

血の債務は血で償うべきです。ごみのような円は価値がない。それに中国は日本が円で
利口ぶるのは要らない

网易山?省青?市网友(124.135.*.*) 的原?:
?是他????的,老子不会感激,但是仇恨不是金?可以抹去的,老子照?痛恨日本人!

金は彼らがくれるべきです。でも私は感謝しません。それに金は憎しみが除去で


の方が、私が調べた限りは実情に近く信用できます。

有ったとしても、とても限定的なものではないのだろうか?
少なくとも『中国のネットが「ありがとう、日本!」の書き込みであふれた』『謝謝の嵐』にはなっていないと言える。
このニュースに関しては、信頼性に疑問があり、コメントする以前の状態です。
ZAKZAKさんには是非ソースを明かして頂きたい。

『中国が何度も何度も要請して、やっと日本が来てくれた』ってのは見つけた。 
中国が日本の支援を断り続けた事実は無視され、日本の行動が遅いという意味が含まれているが、これは感謝の声なのか?

日本の国際緊急援助隊27人の皆さん、1人でも多くの被災者を救って下さい。
大変危険な作業ですのでお体に気を付けて下さい。
四川大地震:救出打ち切られ、親が手で…都江堰の中学校 - 毎日jp
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 「救出を打ち切るなんて許せない…」 子供900人生き埋めの学校、説明もなく「72時間」で救出打ち切り→消毒液散布

『72時間』ってそんなに絶対のラインなのでしょうか?
例え人数が少なくても瓦礫の隙間で生きている子供もいるはず。

 15日、生徒約900人が生き埋めになったとされる都江堰市の聚源(じゅげん)中学校では、朝になっても救出作業は始まらなかった。「子供を置き去りにできない」。地震発生から「72時間」が経過した午後も、生徒の親たちは手作業で懸命にコンクリート片を取り除いた。

 午前8時。地元住民や遺族ら約50人が学校の前にいた。倒壊したのは築20年以上の鉄筋コンクリートの校舎。直径約1センチの鉄筋がぐにゃりと曲がっていた。「建築がしっかりしてない。腐敗した人間が、こんなのを造っている。責任者は遺族に謝罪すべきだ」。男性(40)は訴えた。

 聚源中は生徒数約1700人。地震発生時は18学級の約1000人が授業を受けており、9割が生き埋めになったとみられる。「世界でたった一人の、かわいい子だったのに……」。2日前に遺体で見つかった王林君(15)の母親(36)は、この日も現場で泣いていた。「まだ、ここを離れられないの……」

 午前9時過ぎ。成都市の疫病コントロールセンターの白いワゴン車が到着。遺体が多数埋まっている場合、感染症が発生するおそれがあり、白衣を着た職員が校舎のがれきに向かってホースで消毒液の散布を始めた。

 午前11時過ぎ、死者を弔う爆竹が鳴った。赤いろうそくが2本供えられていた。生徒の親ら数人が、手作業でがれきを掘り返し始めた。「建物から離れなさい」。警察官の指示で、がれきの前からいったん人が消えた。午後2時28分。発生から72時間が経過した。直前に医師や看護師が姿を見せたが、早々に立ち去ってしまった。

 「1、2、3!」。午後3時半、男性数人が再びがれきの撤去作業を始めた。現場に散乱する金属製のタライにコンクリート片を入れ、バケツリレーのようにして運び出す。時間とともに人が増え、夕方には20人近くになった。ほとんどの人は素手のまま。男性の指には血がにじんでいた。

 「何の説明もなく救出を打ち切るなんて許せない」。解秀英さん(38)は涙ながらに憤った。「スポーツが得意な子だった」。がれきの下にいるかもしれない2年生の息子、巴飛君(15)を丸3日、思い続けている。近くでは、授業を休んでいて難を逃れた李力君(16)ら3年1組の4人が死者に贈る紙銭を燃やしていた。


『72時間』過ぎたら救出終了。消毒液を散布して、疫病を上から大量散布して疫病を防ぎましょう。
貴方の子供が生き埋めになってたら納得出来ますか?私は出来ません。

『72時間』はあくまでそこから救出の可能性が急激に減ると言われているだけのライン。
迅速な救助活動が求められる『72時間以前に助けましょう』って目標。

『72時間経ったから全滅は決定しました。』ってラインじゃない。
感情論だけじゃなくまだ生きてる子供もいるよ。救助待ってるよ。早すぎるよ。
上から消毒液なんか流したら喉が渇いている子供達が飲んで死んじゃうよ。
いくらなんでも早すぎる。惨すぎる。
日本の我々でさえ疑問に思うのだから、生き埋めの児童の親が納得出来る訳が無い。

TVでは救出作業を大量放映し充分にアピール出来たから、もう良いのか?
中国共産党の人命軽視はとてもじゃないが納得出来ない。
このニュースを聞いた人の中には襲っている連中に同情的な意見の人もいると思う。
しかしそれは間違っている。

被災者が支援物資奪い合い、運搬中の車に殺到…四川大地震(読売新聞) - Yahoo!ニュース
痛いニュース(ノ∀`)【中国・大地震】 「奪って何が悪い!」 被災者ら、支援物資運搬車を襲い物資奪い合い
物資略奪

 中国の四川大地震から3日目となる14日午後、多数の死傷者が出た四川省綿竹市の農村地区で住民たちが支援物資を積んだトラックを止め、荷台の物資を奪い合う事態が発生した。
 地震後、停電と断水が続き、食料が不足するなか、政府の支援が遅れていることに被災者の不満が高まっている。

 14日午後3時ごろ、幹線道路沿いに住民約100人が集まり、「災害支援」と書かれた横断幕をつけたトラックを無理やり停車させ、荷台に積んであった飲料水を箱ごと奪った。
 住民たちは、その後も車を止めては物資を奪おうとした。一部は支援のトラックが停車したすきに荷台に入り、支援関係者から引きずり下ろされた。制止に入った公安車両の窓ガラスを飲料水の容器でたたく住民もいた。住民の一人は「被災者なのに誰も助けてくれない。(奪って)何が悪い」と怒りをあらわにした。
 当局は、道路沿いに武装警官約30人を配置し警戒を始めた。

 数キロ離れた別の地区では、この日初めて到着した支援物資に住民たちが殺到。支援者の制止を振り切り、ゆで卵や飲料水などを奪った。


一瞬、『生きる為には止む負えないかな?』と思ってしまったが、よくよく考えたら大いに間違っている。
こうやって支援物資輸送トラックを襲って略奪する人がいる事によって、きちんと分配されずに飢え死にする人がいるのだ。死ぬ人は、ルールを守って待っている人、襲うほど体力が無い怪我人やお年寄り、子供達だ。

善人と弱者が飢えて、ルールを守らない野蛮人が根こそぎ奪って腹いっぱい。
他人の分も余計に奪い、高値で売って稼ぐヤツもいるだろう。
そうして正しき者、弱き者は死んでいく。地震で両親を失った子供達は生き残る術を奪われているのだ。

ルールを守らないヤツがいれば、皺寄せが他の誰かに行く。そして本当に救わなければならない人々が死んでいくのだ。
妨害行為により、救助活動が阻害され続け、結果、襲っている連中自身も苦しみ続けるのだ。
決して襲っている連中に同情してはならない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。